本当に気持ちいい乳首の舐め方!乳首イキで最高の快感を与えよう!

女性の旨

男女ともに、性感帯の一つとしてよく知られている乳首。

セックス時には、高確率で触れることになるであろう重要な性感帯です。

みなさんは、乳首の舐め方には種類があり、また、乳首だけでイカせることができることをご存じですか?

なんとなく乳首を触って舐めるだけ、という行為で終わっている人は多いかもしれません。

この記事では、気持ちいい乳首の舐め方や、乳首を開発する方法などを解説しています。

「乳首イキさせたいけど相手がいない・・・」
「セックスしたいけど相手が・・・」

って思ってる方は出会い系サイトで相手を見つけましょう!

しかも、人妻・熟女なら中出しOKが多いのでオススメです!

実績ある中出しOKの人妻熟女が多いサイト

順位 1位 2位 3位
サイト PCMAX
PCMAX[R18]
ハッピーメール
ハッピーメール[R18]
ワクワクメール
ワクワクメール[R18]
会員数 1,500万人 2,000万人 800万人
年齢層 25歳~60歳
(幅広く人妻熟女多め)
18歳~45歳
(若人妻熟女多め)
30歳~60歳
(熟女多め)
無料特典 最大1,000円相当P 最大1,200円相当P 最大1,200円相当P
公式リンク ★詳細はコチラ★ ★詳細はコチラ★ ★詳細はコチラ★

気持ちいい乳首の舐め方

胸を隠す女性

乳首を舐めるのであれば、相手が気持ちいいと思ってくれるような舐め方をしたいですよね。

乳首を舐めるという欲を満たせるだけでなく、相手も気持ちよくなってもらえれば一石二鳥です。

そこで、まずは気持ちいい舐め方の7つ、舌先でレロレロする、乳輪ごと舐めまわす、舌先で乳首をつつく、乳首に吸いつく、片方は指でつまんで舐める、乳首を甘噛みするという方法を解説します。

舌先でレロレロする

気持ちいい乳首の舐め方1つ目が、舌先でレロレロし、乳首を転がすように舐める方法です。

こちらは、よく知られている一般的な乳首の舐め方とも言えるでしょう。

基本的には女性のおっぱいを揉みながら行います。

乳首を舌で転がすときには、女性の反応をうかがいながら強弱のリズムをとることを意識しましょう。

一定のリズムで舐めるよりも、時には強く、時にはソフトにした方が女性も感じやすくなります。

乳首を舐め方に迷う場合は、まずレロレロすることからはじめてみるといいでしょう。

乳輪ごと舐めまわす

2つ目の舐め方は、乳輪ごと舐めまわす方法です。

乳首だけではなく、周りの乳輪ごと口にすっぽりと包み込み、全体を舐めまわすようにしましょう。

乳首の前に乳輪から舐めることにより、焦らし効果も期待できます。

ゆっくりと乳輪を舐めまわし、相手が感じてきたところで乳首を責めるようにすれば、乳首の開発へと繋がりやすいです。

また、乳輪ごと舐めまわすことで征服欲が出るので男性も気持ちよくなり、また、舐められる女性も求められているのが伝わるので、刺激が生まれやすくなりますよ。

舌先で乳首をつつく

3つ目の舐め方は、舌先で乳首をつつくことです。

舌で乳首をつつかれるのが好きな女性も多いので、続けているとそれだけで感じてしまう女性もいるほどです。

また、乳首は舐めることに意識がいきがちですが、適度につついてあげると、「もっと舐めてほしい」と女性も感じるようになり、焦らし効果も生みます。

焦らし効果があった方が女性の興奮度を上げさせるので、乳首を舐めるときにはぜひ取り入れたいですね。

乳首に吸いつく

4つ目の舐め方は、乳首に吸いつくことです。

女性のおっぱいの乳首に吸いつくのは、男性であれば誰しもがしたい行為ですよね。

母性本能があるということもあり、乳首を吸われることが嫌いな女性は少ないです。

乳首を吸いながら舐めることもできるので、テクニックがあれば同時にしたいところ。

ただ、吸われると痛がってしまう女性も一定層存在します。

なので、いきなり強く吸うことはせずに、はじめは弱めに吸ってみて、徐々に女性の反応を見て緩急をつけるようにしましょう。

片方は指でつまんで舐める

5つ目の舐め方は、片方の乳首を指でつまみつつ、もう片方の乳首を舐める方法です。

口は1つしかないので、乳首は同時に舐めることはできませんが、手を使うことで、同時に両方の乳首に刺激を与えることができます。

男性も舐めるとつまむということを同時にできるので、欲をさらに満たすことができ、また、女性側は両方の乳首の刺激を与えられてより気持ちよく感じます。

乳首を舐めることに慣れてくれば、同時に責めることも意識してみましょう。

乳首を甘噛みする

6つ目の舐め方は、乳首を甘噛みするということです。

舐めるだけではなく、ときおり歯で甘噛みをすることで緩急をつけることができ、女性も急な変化球でより刺激を感じます。

当たり前になりますが、最初に噛むときは、丁寧に優しく噛むようにしましょう。

舌先を使いつつ、小刻みにリズムよく噛む方が女性も感じてくれます。

次第に回数を重ねると、女性の方から噛んでとせがんでくるようにもなるでしょう。

慣れてくれば、次第に強く噛むようにしてもいいと思います。

乳首だけでイクには?開発する方法

オーガズム

気持ちのいい乳首の舐め方を知ったあとは、乳首だけでイクようにするために、乳首の開発方法を解説します。

乳首の開発にはさまざまな方法があり、以下にて、じっくり時間をかけること、前半は弱く後半は強め、慣れるまではオナニーと一緒にする、ローションを活用する、乳首開発用オモチャを使うなどの方法をくわしく掘り下げていきます。

乳首の開発をすると、セックスもより楽しくなるので、知っておいて損はありません。

2~3週間以上ゆっくりと時間をかける

乳首の開発にはゆっくりと時間をかけて行いましょう。

短期間で開発しようと、焦って強く乳首をいじるのはいけません。

けがをしてしまう恐れもありますし、最悪はその傷が残ってしまうかもしれません。

また、いきなり強い刺激を与えると感度が落ちることもありえます。

ゆっくりと時間をかけながら開発することが、一番の近道となるでしょう。

他の性感帯が開発できていたり、年齢が若ければ早くに開発しやすいですが、もともと短期間で開発できるものではないので、焦らずに行いましょうね。

前半は弱め、後半は強め

乳首の開発には、はじめは弱く、後半に強くするように意識しましょう。

開発がされていない乳首をはじめから強く刺激しても、ただ痛いだけで終わることがほとんどです。

はじめはゆっくりと刺激し、乳首に感度があることをまずは女性側にしっかりと覚えさせます。

すると女性もその感度をどんどん欲しがってくるので、その様子を感じられたら、それに合わせて刺激を強くしてきます。

強くし過ぎるのはだめですが、神経を呼び起こすために、引っ張ったり、つねったりなどある程度の強い刺激を与えることも大事です。

慣れるまではオナニーと一緒に

乳首を刺激するさいには、オナニーもあわせて行うと、より乳首でイクようになります。

いきなり乳首の快感だけでイクのは難易度が高く、開発ができていないのであれば、特に難しいでしょう。

しかし、同時にオナニーをすることで、乳首の刺激とオナニーの気持ちよさの感覚をリンクさせ、乳首でイケるようになります。

最初は、乳首を触る=気持ちいいという感覚を付けることが大事なので、まずはオナニーをしながら乳首を刺激することをおすすめします。

ローションを活用する

ローション

乳首でイカせるには、ローションを使うことも有効です。

ローションを塗ると滑りが良くなり、普通に触るよりも気持ちやすく撫でられるようになります。

摩擦が少なくなるので、痛みを感じにくくなり、慣れていなくてもなでらかに撫でられるので刺激を与えやすいです。

撫でる際には1本の指ではなく、他の指も使うといいでしょう。感覚が変わるので、さまざまな刺激を体験できます。

ローションを使うと、洗い流すのが面倒というのはありますが、慣れていない時には頼りになるので、ぜひ活用してみましょう。

乳首開発用オモチャを使う

乳首でイカせるために、乳首開発用のオモチャを使う方法もおすすめです。

たくさんの大人のオモチャがありますが、なかには乳首専用のオモチャもあります。

吸盤型のものや、振動型のものなどがあり、より乳首に刺激を与えることに特化されています。

ちくびに装着して扱うものも多いため、おもちゃを使いながらオナニーすることもできますよ。

変わったおもちゃがあればセックスも楽しくなるので、まずはひとつ買ってみてはいかがでしょう。

男性用・女性用の種類もあるので、お互いに試して使うと盛り上がるのでいいかもしれませんね。

乳首でイクってどんな感じ?

乳首でイクと言っても、どのような快感を感じるのか気になりますよね。

乳首の場合、はじめはくすぐったさを感じるのですが、それが気持ちよさに変わります。

だんだんと気持ちよさに変わる感覚はなんとも言えなく、癖になること間違いなしです。

乳首だけに集中していたのが、全身にその感覚が広がっていくような感覚です。

人によって異なりますが、愛液が出て、膣がうずくなどの体の変化を感じる人もいます。

ただ、全員に共通して言えるのは気持ちいいのは間違いないということです。

それは乳首に限らずどの場所でイッても同じなので、まだ乳首でイクことを体験したことがない人は、ぜひ挑戦してみましょう。

なぜ乳首でオーガズムを感じるの?

乳首

乳首の舐め方や、開発方法を知っても、根本的に乳首でなぜオーガズムを感じるのか、疑問に思う人もいるかもしません。

その理由としては3つあり、乳首に神経が集中していて感じやすいから、乳首は触りやすい位置で自分で開発しやすいから、乳首の刺激は子宮にも伝わるからといったことが挙げられます。

以下にて、なぜそもそも乳首は感度が高いのかということも含めて解説していきます。

乳房神経のほとんどが乳首に集中している

乳首でオーガズムを感じる理由として、神経や血管などの乳房神経のほとんどが、乳首に集中しているからというのがあります。

乳首には、パニチ小体・マイスネル小体などの神経があります。

パニチ小体は奥の方にある神経で、引っ張ったり、押されることによって変化を感知します。

マイスネル小体は表面にある神経で、肌に触れるだけで快感を得られます。

このような神経が乳首にはあるため、乳首でイクことが可能なのです。

なにげないときにでも乳首にものが当たったりすると、少し敏感に反応してしまいますよね。

それも、神経が乳首に集まっていることに関係してあます。

乳首は自分で開発しやすい

胸を触る女性

乳首は手で触れる位置にあるため、自分で開発しやすいというメリットがあります。

他人に開発してもらうよりも、自分で力やリズムを調節できるので、自分のペースで開発を進められます。

また、オナニーとは違い、液が出るわけでもないためタオルやティッシュなども必要なく、そのような点でも開発しやすいと言えますね。

道具なども必要なく、準備なども必要ありません。服をめくればすぐにでもいじることができるので楽です。

アナルなどの開発に比べて手間がほとんどかからないので、やらない手はないと言っても過言ではありません。

刺激が子宮に伝わりやすい

乳首で得た快感は、子宮にも伝わります。

乳首とポルチオは迷走神経につながっているため、乳首で感じた快感は脳を通して子宮にも流れます。

乳首を刺激されていると、子宮にもキュンとする感覚を味わった女性は多いのではないでしょうか。

乳首の開発が進めば、子宮ともリンクされていき、オーガズムも感じやすくなります。

乳首でイかすことは可能

乳首の舐め方には舌先でレロレロする、乳輪ごと舐めまわすなど、相手が気持ちいいと感じるような舐め方が複数あります。

まずはそのような舐め方を習得しつつ、時間を書けながらローションなども活用し、乳首だけでイカせることができるように開発してきましょう。

乳首は開発しやすい場所でもあるので、おすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です