出会い系サイトを利用すれば人妻と中出しセックスができます

下着

出会い系サイトで人妻と出会った時の話

付き合っていた彼女と別れて、セックスができなくなり欲求不満な日々が続いていました。

セックスをするためにわざわざ新しい彼女を作るのも面倒だし、割り切った関係を楽しめるセフレを作りたいと思いました。

でも、周りの女性にセフレになろうと誘ったりしたら多分引かれてしまうし、悪い噂が広まりかねません。

誰にも知られずに、とにかくやれる女性を探したかったので、すぐに出会えてやれると噂の出会い系サイトを利用してみることにしたんです。

特にどんな女性がいいという希望はなく、やれる女性を探していたので、とりあえず来るものは拒まず精神のつもりで登録しました。

とはいえ、すぐやりたい!とアピールしてしまうと、業者や危険な女性に絡まれそうだったので、とりあえずすぐ会えるように、あくまでプロフィールでは好感度の高い印象を与えるように工夫しました。

やりたい本心を隠し、まずは一緒に食事できる相手を探していることを掲示板に書き込むと、たくさんの女性からアプローチがきました。

その女性たちの中には人妻が多かったんです。

せっかく出会い系サイトでやれる相手を選ぶなら、これまで体験したことのない不倫関係を楽しめる人妻がいいかも、と思い、よさげな人妻からの誘いを受け、実際に会う約束をしました。

人妻も生セックスできる相手を探していた

実際に会った人妻は、あからさまにエロい感じではなく、いい意味で一見普通のどこにでもいそうな女性でした。

これは今日セックスする展開に持ち込むのは無理かな…と内心あきらめかけました。

軽く食事をして世間話をしていると、意外にも話が弾み、出会い系サイトに登録した理由の話題になりました。

僕は、まさか誰でもいいからやれる相手を探したかった、なんて言うわけにもいかないので、「寂しくて友達が欲しかったから」「年上の女性がタイプで出会いたかったから」などと適当にごましました。

すると、人妻は、「子供が生まれてから旦那とはずっとレスで、何年もセックスしてなかったの」と本音を打ち明けてくれたんです。

そんな話をするなんて、人妻も僕とやりたいと思っているのでは?と急に期待が膨らみました。

「えーもったいないな…こんな素敵な奥さんがいたら僕なら絶対レスになんてならないのに」と、彼女をほめてあげると、彼女は顔を赤らめ「えーこんなおばさんとしたいって思う?」と笑いました。

僕が「もちろん!」と即答すると、彼女はまんざらでもなさそうで、「じゃあ本当にいい?」とホテルに誘われました。

思わぬ展開に内心ガッツポーズをしました。

欲求不満な人妻と生中出しセックスしました

ホテルに行くと、すぐにディープキスをしながらお互いの服を脱がせました。

僕の方から乳首を舐めたり、クンニをしたりと人妻をたくさん攻めてあげました。

人妻は切なげな声で「ああん!いやぁん!」と喘ぎまくりました。

僕はわざと「嫌ならやめますか?」と意地悪なことを言いました。

彼女は「違うの、嫌じゃないの、早く…挿れて」と恥ずかしそうにお願いをしてきました。

僕はお望み通り、セックスがしたくてたまらなかった人妻のアソコに挿入し、激しく腰を振りました。

彼女はそれはもう気持ち良さそうに「あぁっ!そこ!もっと!」などと喜んでいました。

人妻の締め付けが強く、我慢できなくなり「もうイキそうです…」と言うと、彼女は「いいよ、中に出して!」と言いました。

まさかの中出しOKに驚きつつも、ラッキーな展開に興奮し、僕は人妻の中に思い切り発射しました。

最高に気持ち良くて、すぐにまた硬くなり、結局その日は合計で3回ほどしてしまいました。

その後も時々連絡を取り合いホテルで生セックスをする、いわゆるセフレ関係になりました。

人妻の安全日に会うので、もちろん毎回生中出しセックスさせてもらっています。

出会い系サイトでは人妻ではない若い独身女性と会ったこともありますが、自分的にはなんだかイマイチでした。

人妻と生中出しセックスには、一度ハマると病みつきになる魅力があると感じました。

まとめ

出会い系サイトで出会った人妻熟女とは、セックスできる可能性がありますが、生中出しが断然気持ちいいのでおすすめです。

人妻熟女に生中出しセックスをOKしてもらうためには、まずは人妻熟女に気に入ってもらえるような振る舞いをすることが大切です。

最初からガツガツやりたいという性欲を見せるのではなく、人妻熟女の話に耳を傾けてあげたり、褒めてあげたりすれば、人妻熟女に気に入られ、生中出しセックスをさせてもらう展開が期待できます。

皆さんも是非出会い系サイトの人妻熟女と、生中出しセックスを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です