看護師のセフレをゲット!看護師とのセックスは最高すぎる

看護師

僕は、都内の会社に勤める40代の会社員です。
ワクワクメールでエロ過ぎる人妻ナースとエッチな体験してきたのでレポしたいと思います。

仲良くなったのは「すぐ会いたい掲示板」で見つけた32歳の恭子という看護師人妻で、メッセのやり取りからLINE交換して雑談すると旦那さんに拒まれたのがきっかけでセックスレスの関係みたくエッチがしたくて堪らないそうです。

しかも出会い系で、何人かの男性と会ってエッチをしているっていうの淫乱系の看護師でした。

「僕も嫁とレス中なので性欲ヤバいんだよね」

「性欲強い人、最高♪」

「性欲強い同士で会いたいね。大丈夫な日ありますか?」

「夜勤明けの木曜の昼間なら平気」

「じゃあ、木曜って事で」と木曜日に会う事になりました。

看護師と出会ってすぐホテルへチェックイン

約束をした木曜日、午後有休を使って会社を早々に出て、昼間から看護師とエッチが出来ると期待しながら待ち合わせの駅の改札へ向かいました。

「もう着いたよ、改札のトコで黒いニット着て待ってる」と恭子から連絡が来たので足早に向かうと1人、スマホを片手に待っている女性がいたので声を掛けました。

「恭子さんですか?」

「はい」と返事をした看護師は、フジテレビの加藤アナに似た感じの美人で、とても人妻には見えないし看護師と言うよりもモデルみたいな感じでした。

熟女って言うより若妻。そもそも32歳って熟女なのかと思ったのが第一印象でした。

「初めまして、めちゃめちゃ綺麗ですねワクワクメールでこんないい出会いがあるとは思っていませんでした」

「初めまして。そんなぁ、誉めて貰えるほど全然綺麗じゃないですよ」と笑った顔もメチャメチャ可愛かったです。

「じゃぁ行きましょうか」と声を掛けてホテルへ向かいました。

看護師セフレに連続挿入

ホテルに入って看護師にキスをすると「シャワー浴びて早くエッチしよ」と看護師→僕の順番でシャワーを浴びる事になりました。

看護師がシャワーを浴びている間、カトパンとエッチが出来ると凄く興奮してしまい既に勃起をしてました笑

「お待たせ」とシャワーからタオルを巻いて出て来た看護師のタオルからこぼれている胸の谷間が厭らし過ぎて見ていると「もう、大きくなっちゃったのwww早く浴びて来てね」とズボンの上から勃起したチンコを摩られたので急いでシャワーを浴びてチンコを丹念に洗いました笑

シャワーから出て「お待たせ」とベットに座って待っている看護師の横に座ると、

「待ってたよー♪早く大きくなってるの見せて」と言いながらタオルを脱がされ

「わぁ、こんなに固くなってる♪私の裸見て興奮しちゃったの笑」と言いながら優しく手コキを始めてくれました。

「凄い、さっきよりも固くなって来たね♪」と言うと、口に咥えてフェラを始めました。

ジュボジュボっと厭らしい音を立てるのですが、カリのちょうど気持ち良いトコを刺激してくるので体をビクンと反応してしまうと「えへへ、反応し過ぎ」と笑ってました。

フェラをされている間に看護師の胸を触ると柔らかくて凄く気持ち良くて、指で乳首を触ると「あんっ」とエッチな声を出して反応してます。

「乳首感じるの?」チンコを咥えてる看護師に聞くと「うん、触って欲しい」と言われたので揉みながら乳首を刺激してると「ヤバい、気持ち良くなっちゃう」と恥かしそうに手で顔を仰いで照れ隠しをしてました。

「ねぇ、オチンチン入れても良い?もう、我慢の限界かも」と言いながら、僕を仰向けにすると騎乗位で跨りそのまま挿入しちゃいました。

「生で平気なの?」

「うん。だって生の方が気持ちイイでしょ。イヤ?」と良いながら上下に腰を動かし「んーっ、奥に当たってヤバい」と感じてました。

看護師が動く度に、繋がっている部分からグチョグチョっと音がするので、顔を少し上げると入っている所が見えたので凄く興奮しちゃいます。

跨っている看護師の胸を下から胸を鷲掴みして突きあげると「やんっ、固いの当たる」と抱き付いて来たので腰を掴んで激しく動かしました。

「あん、これイイの」と呼吸が荒くなってきて感じるので、そこに集中して当てながら動かすと「ダメ、ヤバい逝っちゃいそう…逝くっ」と逝ってしまいました。

「ヤバい、逝っちゃった」と恥ずかしそうに笑う、看護師を仰向けに寝かせ正常位で挿入すると「あん、また気持ち良くなっちゃう」と腰を動かす度に喘ぎ声を出し「一緒に気持ち良くなろ」と言いながら僕の乳首を指で弄り、アソコをキュッと締めて来ました。

「これヤバい、逝きそう」限界を迎えた僕が呟くと「逝ってイイよ」と言いながら乳首を舐め始めてくれたのですが、これが気持ち良すぎて「出る」とチンコを抜くと素早く口に咥えて受け止めてくれました。

「んんっ、精子ヤバ。けど、中に出して欲しかったのに…」と口に出した精子を見せながら少し不満げな顔をされました。

「でも、凄く気持ち良かったぁ」と言いながらキスをして来たので「乳首責めとアソコをキュッと締められたの気持ち良かった」と答えると、僕のチンコを触りながら「まだ、時間あるからもう1回しよっ」と手コキを始めて、少し固くなると口に咥えて大きくしてくれました。

「んふふ、また大きくなった。ねぇ、入れて欲しい」とベットの上で四つん這いになったので、そのまま後ろから挿入しました。

「あん、後ろから突かれるの好き」と僕が腰を掴んで動かすとシーツを掴んで感じていました。

「もっと激しく突いて!」と言うので、激しく突くと「あん、ダメ。これヤバいかも」と喜んでくれてました。

胸を揉みながらバックで突いて、感じている看護師のクリを弄ると呼吸が荒くなってきました。

「クリ触られるとヤバい、逝きそう…」と喘ぎ声が大きくなったので、更にクリを弄りながら突くと「逝くっ」と言いながら体を震わせて逝ってしましました。

逝った看護師を無視してバックで突いていると「あん、逝ったっばっかしなのに…」と、腰をグリグリして来ました。

「グリグリされるのヤバい」と言うと「これでしょ、ヤバいよね」と言いながら僕が仰向けになると、騎乗位で乗り腰をグリグリ動かしてくれました。

「これ、気持ちいい」と言うと「私も、奥に当たるから気持ちイイの」とトロンとした顔で腰を動かしてくれます。

「もう、逝きそう。中出ししたい

「うん、出して良いよ」

「次は、中に出すね」

「うん、出して」

と、言うのでこのまま看護師の中に発射しました。

「すげー出た」

「うん、ドクドクしてる。さっき出したばっかしなのにwww」

チンコを抜くと看護師は舐めながら「このチンチン好き。何回も逝かされちゃった」と言われました。

「俺も、メッチャ気持ち良かった」と答えると「気持ち良さそうな顔してたもんね」と笑ってました。

看護師のセフレゲット

シャワーを浴びて、少しまったりしてると「そろそろ、帰らなきゃ」と看護師に言われてホテルを後にして待ち合わせをした駅で別れました。

電車に乗って暫くすると「エッチ気持ち良すぎて、まだチョット興奮してる。

「また、エッチしたくなっちゃたら、連絡しても良いですか?セフレになりたい」とLINEが来たので「おお!看護師のセフレは初めてだw旦那にバレないよーにねwOK連絡待ってるね!」と送ると「気を付けるwまた、エッチするの楽しみ♪」と返って来ました。

看護師、エロ過ぎだろと思いましたが、エッチ大好きな人看護師人妻と簡単に仲良くなれたので出会い系って最高だなと思いました。

ワクワクメールの詳細はコチラ

ブサイクな僕でも中出しセックスできました!