オフパコ募集でまさかの人妻と中出しセックス

飲み会

出会い系サイトを利用して10年以上経過しました。

女性と効率よく出会うためにいろいろな策を試してきましたが、以前プロフィールに「オフパコ募集」でコメントした時期があり、それに乗ってきたのが人妻でした。

オフパコ募集に寄ってくる女性は人妻が多かった

ワクワクメールで、試しに「オフパコ募集」でプロフィールに載せたところ、結構数で女性からの返信をもらいました。

種別で分けると、熟女人妻8割で、残りが20代そこそこ女性。

因みに、業者だろうと思われる女性が全体に対して約7割ぐらいです。

私的には人妻熟女希望なんですが、この業者以外の3割から、気になる女性へ再度メールのやり取りを開始し、なんとか31歳の人妻と出会うことが出来ました。

メールのやり取りでは、頭っからH系な話しばかりで、「本当にオフパコ大丈夫?」とか、「感じるところはどこ?」などの、まだセックスもしていないのに、お互いすでに興奮状態にです。

この手の話しだと出会うまでの時間もそれほど要せず、人妻の都合のいい日を確認後、日時の設定を行い早々に出会うことが出来ました。

オフパコ募集にやって来た人妻はセックスレスで非常に敏感だった

待ち合わせしてた池袋で人妻と予定通り出会いました。

最初いきなりは、さすがにということで近くの喫茶店に入りお茶しました。

年齢は30歳を過ぎてますが、結構若々しく可愛い女性です。

人妻は、離婚して2年が経過してますが、それ以降セックスは無いみたいです。

その後ホテルに向かいました。

部屋に入り、シャワーも浴びず、私から情熱的なキスをしました。

オフパコセックスの始まりです!

人妻をベットに寝かせ、服を少し乱暴に脱がせながら、下着だけにさせました。

「いやぁ・・・はずかしい」と人妻が言います。

私はブラを上に捲り上げ、乳首をチロチロとしてあげながらも、時折強く吸ってあげます。

人妻は、私からその行為を受ける度に、ビクンビクンと身体を捏ねらせながら、「あーん、あんっ」と言う感じまくりで気持ちそう。

パンティを脱がせました。

既に人妻の陰部から愛液がダラーっと滴り落ちています。

私は、人妻の陰部を舌でベロンベロンと何度も舐め上げました。

「あんっ!いや・・・気持ちいい・・・!」と言いながら、私の頭を彼女の両手で、陰部に強く押さえつけます。

人妻はエビぞりになりながらも、「素敵、もっと、もっとベロベロしてぇえええ」と何度も私に言ってきます。

一度人妻はクンニでいきました。

その余韻が冷める間もなく、私は人妻のアソコにペニスを挿入。

目茶苦茶に腰を振り続けました。

「すごい、もっと突いて・・!どんどん突いて!お願い!」と言いながら、すでに人妻の記憶が遠のいていく感じで私には伝わってきます。

私は人妻へ「どこへ出せばいい?」と、腰を振りながら聞きました。

彼女は「今日は大丈夫。中よ。中出し大丈夫だから」と、ぜぇーぜぇー息を切らしながら私に言いました。

「まじか。イクよ・・・」


「中にいっぱい出して・・・!」

人妻の望み通り、思いっきり中へ精子を放出。

中出しセックスの気持ちよさはんぱないですね。

全てが完璧な、オフパコ中出しセックスでした。

人妻からは連絡がありますが、なかなか私の仕事都合とも合わず、あれ以降は会えていません。

いずれによせ、私の時間がとれれば、いつでもセックス出来る女性だと思います。

時間を持て余してる今こそチャンス!人妻or熟女たちとハメまくろう!