セフレの人妻とは車で中出しセックスしました

カーセックス

かなり酔っていた人妻とのカーセックスはたまらない興奮

出会い系サイトで出会った、人妻の方は、セフレとして今も関係を続けている女性がいます。

ただし、彼女とホテルで肉体関係に陥ったのは、出会った初日の1日だけで、そのあとはほとんどがカーセックスとなります。

彼女は、とても慎重な方で夫が不在、留守といった場面でないと私と会おうとはせず、帰宅時間もしっかり守る人妻となります。

彼女は、横浜の35歳専業主婦。

見た目は内田有紀ちゃんみたいな、とてもかわいく美しい女性であり、スタイルもかなりスラっとした巨乳系な人妻となります。

当然年齢は、現在の年齢よりは、20代でも通るくらいの若々しい女性です。

彼女の場合、夫とのセックスレスが問題ではなく、セックスが物足りないといった理由で、ワクワクメールを登録したのがきっかけで、刺激的なセックスを求めている方です。

刺激的とは、簡単に言うと、「セックスをする場所」のことです。

彼女とのセックスはほとんど、時間に制限があるから仕方ないところもありますが、カーセックスで、短時間に済ませるケースが多いです。

それ以外でも、とある雑居ビルの屋上であったり、ドライブへとある田舎町森林の人気の全くない青空のしたでとか、とても一般人が考える落ち着いた場所でのセックスはほぼ0に等しいといったところです。

彼女からの連絡は、私のラインに報告が入り、会えるかどうかの確認メールが良く届きます。

そのタイミングは、すべて夫が不在の時に限ります。

私も普段仕事で忙しい時もありますので、空きが作れそうなら彼女と会うようにしております。

今回は、彼女のママ友仲間と飲み会が終了し、いざ自宅に戻ろうとした際、突然の大雨に見舞われてしまい、夫に電話したところ、仕事で急遽自宅に戻る事が不可能になったらしく、私にアッシーをお願いしたときのお話となります。

ある日のPM10時ごろ、彼女からラインに連絡が入り、雨がひどくて自宅に帰れないとの事で、近くまで迎えに来てほしい連絡がありました。

旦那さんは大丈夫なのかのことを聞いてみると、急遽仕事で今日は自宅には戻れないとの事。

私は、明日仕事でもありましたが、渋々彼女のいる場所まで迎えに行ってあげることにしました。

車を走らせながら、降りしきる雨は、バケツを上からかけられているほどの勢いで,超速ワイパーでも前が見えないほどの勢いです。

時期は6月でしたが、今年は大雨の日が多く、特にその量はパンパないシーズンでもありました。

ようやく目的地の到着し、私の車に気づいた彼女は、走り込みながら車の中に乗ってきました。

彼女は、「ごめんね、わざわざ呼び出して」と、とても陽気に言いましたが、その口調は、かなり酔っている気がします。

そもそも彼女はお酒が大好きで、飲むと結構はしゃぎだすタイプです。

自宅まで送り届けようと、車をだしながらも、彼女はべらべら喋り捲ってきました。

そして、あと10分程で彼女の自宅に到着する地点あたりで、彼女は私の股間に手を置いてきました。

「今日、旦那帰らないって」と言って、さらに私のペニスをズボンの上から擦り続けました。

正直私からすると、明日仕事もあり、今は深夜0時となっており、さすがに今日はと思っていたのも束の間、彼女は私の感じる乳首もいじり出し、それと同時にズボンのファスナーもおろし始めました。

さすがに、運転が危険だなと思った私は、あたりを見回し、目に付いたコインパーキングへ駐車。

外は、相変わらずのバケツ級の大雨で、おそらく通りがかりの人が、車内をのぞけるような環境ではないなと思いつつも、一応車窓カーテンと、遮光シートで前方を隠しました。

彼女は、すでにフェラチオを始めています。

酔っているせいか、今日のフェラチオは勢いが強めで、それは音でわかります。

「ジュル、ジュル、チュパ、チュパ」と、大雨の音にもかき消せないほどの大きないやらしい音で、私のペニスを吸い上げてきます。

私は彼女にフェラをされながら、彼女のスカートを捲り上げ、大きな尻をパンティーの上からなぞってあげます。

彼女から、「あーっ・・・」という少し呼吸が乱れ始めた声が聞こえ始めました。

それから、パンティに手を忍びこませ、クリトリスを人差し指で軽く擦りながら、彼女の小さな息づかいが更に私の興奮を掻き立てました。

私は彼女の足を思いっきり、大きく開脚させ、スカートの中から見えてくる純白パンティを静かに凝視しました。

彼女は恥ずかしそうに、お股を手で覆い隠そうとしました。

「あんまり見ないで、恥ずかしいよ」と言ってきましたが、彼女は観念したかのように、大きくお股を開いたまま、いやらしい顔に変貌しました。

そして、私はパンティーは脱がさず、パンティ股間の部分を横へずらし、肉片で隠れたクリトリス顔を出してやり、激しく擦ってあげました。

彼女は体をくねくねさせながら、それでもフェラを辞めることなく、私のペニスを加え続けました。

そしてついに我慢できなくなった彼女は、ついに私の股に跨り、対面騎乗を始めだします。

「いい、いい、素敵、突いて、思いっきり突いて」と、彼女は泣き叫ぶようね大声でおねだりを始めます。

その声は、大雨の音で消し去られ、カーセックスをするには、最高のお天気日和となりました。

我慢でなくなった私は、彼女に合図しましたところ彼女から、「中でいいよ」と言われ、思いっきり私は大量発射。

その後、自宅近くにコンビニ停め、彼女は走って帰路につきました。

人妻カーセックスは最高

彼女とのセックスは、時間が期限付きで短時間で済ませる必要がありますが、熟女、人妻のテクニックも加え、カーセックスというものは、誰かに見られているのではと思い違った刺激と、興奮を覚えてしまいます。

それから彼女は慎重な女性で、人妻であるという理解もしっかりありますので、安全に今後も長く付き合えると思います。

人気AV女優「紗倉まな」も出会い系でデートしたと衝撃告白!

AV女優の紗倉まなさんもテレビで出会い系サイトを使っていると暴露したことが話題になったのを覚えていますか?

今では人気AV女優も出会い系を使うぐらいメジャーなものとなっています!

是非あなたもこの機会に無料お試しで中出しセックスの相手を見つけてみてはいかがでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブサイクな僕でも中出しセックスできました!