生中出しセックスした体験談~出会い系サイトで知り合った人妻~

カーセックス

人妻・熟女と生中出しセックスした体験談

出会い系って、コツをつかめば面白いくらい人妻熟女と中だしセックスできます。

私は人妻効率UPのために、Jメールワクワクメールに登録しています。

その甲斐あって、月に1~2人は人妻と中だしセックスをするペースで遊べていいます。

今回は、身長163センチ、体重は50キロを切り、ベリーダンスで鍛えた身体が眩しい秋田の40代熟女との体験談を書きます。

出会い系サイトに登録している人妻の動機は「暇つぶし」がほとんどですが、暇をつぶすだけなら他の方法は幾らでもあります。

つまり、わざわざ出会い系サイトに登録している人妻、特に熟女は暇つぶしだけではなく、「身体の疼きを満たしたい」という気持ちを必ず持っています。

そして、人妻の一日の行動パターンから分析すると、13時から15時の2時間が「特にヒマでスアホをいじる」黄金タイムなのです。

朝は旦那や子供を送り出したり、洗い物や洗濯したりで忙しいことが多く、ちょうど一息つくのがこの2時間になるのです。

出会い系サイトでログイン中の人妻を物色するのは簡単です。

キーワードで絞り込めばログイン中の人妻が表示されてきますので、メールをひたすら送ります。

掲示板もチェックしていると、いま時間を持て余している女性が表示されてきます。

13時からの時間はほとんどが、人妻かフリータの女が表示されます。

テンプレに少し手を加えて、10人の人妻さんにメールをおくること、15分・・・

一人の人妻さんで熟女の色気が伺える画像の「まゆみ」から返信が来ました。

プロフに、趣味でベリーダンスを習い、帰りに立ち寄るカフェが書いてありましたので、そこの話題に触れたことが共感して貰えたようです。

「はじめまして。まゆみさん」

「ステキな方なのでメールしちゃいました」

「僕もそのカフェ気になっていたんです」

「主婦も大変ですよね!息抜き付き合いますよ」

こんな感じのファーストメールで釣れました。

やり取りをして、すんなりと待ち合わせが決まりました。

まゆみの住まいから少し離れた、賑やかな駅近カフェということが安心感を与えたようです。

人妻熟女と車で生でセックス

人妻で熟女の「まゆみ」との待ち合わせは天王寺駅。

当然電車で行くと思わせておいたのですが、理由を付けて車で行きました。

石田ゆり子似の「まゆみ」はベリーダンスの効果か、縊れたウエストが眩しいスレンダー熟女。

「まゆみさん、ごめんなさい!仕事から車できちゃいました」

「時間ギリギリまで片付かなくて」

「いえ、大丈夫ですよ」

こう言い訳して、まゆみを車に乗せて駐車場を探すふりだけしました。

「なかなか空きが無いですね」

「しかたない、息抜きにドライブしていいですか?」

「郊外にステキなカフェがありますよ」

計画通りドライブデートです。

車はBGも流れるし、自分のペースなのでラクですね。

会話はとにかく褒める事で、ずは指と爪が綺麗と褒めました。

女性は爪を褒められると嬉しいんです。

まゆみもネイルアートを施して、少し気合が入っていたのかもしれません。

そして、その次に、まゆみの髪を褒めました。

褒めながら、そっと髪に手を伸ばして撫でてみました。

優しく髪を撫でられて、少しゾクッとしてるのは、身体が反応したのだと思います。

そうやって、自然に段階を踏んで進めると熟女は弱いんです。

こうして、身体に触れる事が自然な状態に持っていきました。

指、手、髪だけとはいえ、身体に触れながらいろいろな話をしました。

いつまでも話しているとダレるので、行為をエスカレートさせました。

「まゆみさんのピアス、もっとよく見たいな」

「えっ!?」

「近くで良く見せて。素敵だよ」

そう言いながら、あゆみの耳元に甘い声で囁きます。

「きれいだよ。そのピアス・・・」

大抵の女性にあてはまると思うんですが、女は耳が弱く、すごく敏感なんです。

熟女ともなるとなおさらで、意識させると確実にスイッチが入ります。

まゆみは、力が抜けてふにゃふにゃに蕩けた様子でした。

「!?」

良いころ合いかな・・・まゆみの耳に唇を触れさせました。

まゆみの理性は崩れてしまったかもしれません。

そこから、唇を耳から、首筋へと移していきました。

あくまでも、優しくソフトなタッチで、敏感なところをなぞっていく感じです。

まゆみの身体は自然に、ビクンって小刻みに跳ねていました。

震えていたかもしれません。

そうなったら、もう抗えなくて、声も次第に激しくなっていきました。

そのタイミングを逃さず、唇を重ねました。

そこから、段々と吸い込まれるようなキスに。

息も出来ないくらい追い込まれながら、胸が疼き、先が熱く尖るのを感じました。

「あぁん、、、う、疼く、、、、、、」

「疼いているのは他にもあるよね」

意地悪く甘い声で私の耳元で囁きます。

そして、濡れてきた下のところを指で容赦なく撫でる・・・

「こんなキスは好き?情熱的なキスだよね」

「僕もキス大好きだから、没頭してしまいそう」

私の指は、背中から脇を丁寧に何度も這わせている。

そんなキスを何度も繰り返しながら、舌を絡め合いながら、体中を撫で回す。

そして、徐々に指の腹と爪の先で、陰部に範囲を狭めて責めていきます。

背後から、まゆみの耳と首筋を愛撫しながら、おっぱいを弄りました。

まゆみ・・・」

「下着の上からでも、指の腹を伝って感じ取れるよ。だいぶ湿ってきたんじゃない?」

「なに?このシコリは?」

「あっいい・・・ああん!」

「もしかしてクリ勃起してる?」

「恥ずかしい・・んっ・・・」

呼び捨てにされて、次々に卑猥な言葉で囁かれて、まゆみは喘ぎが止まらないです。

「だめです。戻れなくなっちゃうから・・・」

「いじわる」

私のひび割れた隙間から、甘い蜜が溢れます。

その全てを舐めるように掬い取る。

ゆっくりと、指を入れていきました。

「入れてる指…ビチャビチャになってるよ」

「普段はエロいのを隠しても、俺の前では隠せないんだね。挿入するよ?」

「おかしくなっちゃいそう・・・早く入れて・・・」「突いてぇえええ!!」

「淫乱だな・・・」「生で入るよ」

「ああん!もっと!もっと・・・!」「いやぁあん!!」

「イクッ・・・ああ・・・」「中に出していい・・・?」

「いっぱい出して・・・」

「うっ・・・!」「あああんっ・・・」

時間が経って、夜の公園に車を停めて、そこから中だしセックスに時間は掛かりませんでした。

今回使った出会い系サイトだよ

中出しセックスは簡単にできる

人妻で熟女ともなると、身体は成熟しきっているのに、旦那や子育てに振り回される日々。

女として見られることも減り、欲求不満と寂しさを抱えています。

出会い系サイトには、そんな人妻が数多く登録しています。

わざわざ登録しているのですから、出会いたいに決まっていますよね?

ですから、出会い系サイトを使えば、効率的に人妻熟女と生中出しセックスができます。

ぜひ試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブサイクな僕でも中出しセックスできました!