欲求不満でエッチが大好きな人妻と中出しセックス

下着を脱ぐ女

出会い系サイトで知り合った人妻と中出しセックスしたので自慢したいです。

エッチをした人妻、奈津美(40歳)と知り合ったのは僕が当時37歳の頃、家族と離れて単身赴任をしていた
時に知り合いました。

単身生活で住んでいたのは、会社が借り上げたアパートでそこでは僕と同様に単身で来ていた。

同僚も住んでおりある時、駅で女性を連れた同僚にあったので後日、

「家族、来てたんだ」と聞くと絶対に言うなよと念を押されたのですが、

「暇だから出会い系に登録したら、上手くいってヤれた」と笑いながら言われました。

「何それ、俺にも教えてよ」と同僚にサイトを教わり早速、登録をしました。

掲示板を見ていくと年齢が20代前半の子が多かったので、若いのは良いけど話が合わなくて長続き出来ないなと思い同年代を中心にメッセを送ってみました。

すると、メッセを送った15分後くらいで返信が来たのが奈津美でした。

「メッセありがと」

「サイトでメッセが来たのか確認するのに手間がかかるので、良かったらLINEしませんか?」

「OKです」

LINEのIDを交換してLINEでのやり取りをする感じになりました。

「単身で来てる」

「大変だね、こっち慣れた?」

「全然、会社と家の往復しかしてない」

「そーなんだ。休みの日は何してるの?」

「何もしてないんだよね。ご飯食べに行く相手もいないし。ご飯食べに行かない?」

「全然いいよ」

人妻とのデート

食事デート当日に、仕事を終えて駅へ向かうと「もう、着いたよ」と奈津美からのLINE。

急いで待ち合わせ場所に着くと「お疲れ様」と声を掛けられました。振り返るとそこには奈津美がいました。

奈津美はLINEのアイコンを自分の写真にしていて、LINEのやり取りしている時から優香に似てるなと思っていたのですが、実物も優香に激似でした。

「ご飯誘ってけど、実はまだこの辺に全然詳しくないんだよねー」

「だと思った。前に行ったことあるトコあるから、そこに行かない」

となり駅前の店に入りました。

お酒を飲みながら話をして

「単身大変じゃん、ちゃんと食べてる?」

「たまに自炊するけど、コンビニばっか」

「野菜食べなきゃダメだよ」

とサラダを注文してくれて食べました。

「年だから世話焼いちゃうんだよねー」

「メッチャ優しい」

「でしょー(笑」

お酒が進むにつれて同年代という事も話を弾んでいったのですが、僕の事をじーっと見て来て

「何か学生時代の元彼に雰囲気が似てる」

と言い出しました。

そこから「元彼」と「元カノ」が久々に会って飲んでるみたいな設定になってお互いの思い出話をしながら飲んでました。

店を出ても「元彼」「元カノ」の設定は変わらず奈津美は「久々に手を繋ごっか」と言って来たので「手繋ぐの初めてだけど」とツッコミながら手を繋いでました。

「何か、久々に手を繋ぐのってドキドキするかも」とチョット恥ずかしそうにしてる奈津美は、メッチャ可愛らしく見えました。

「この後、ホテル行こうか」

「うん」

人妻と初エッチ

ホテルの部屋に入って奈津美を抱きしめてそのままキスをすると「ヤバい、恥かしい」と照れてました。

照れながら「いっぱいキスして」と言うのでキスを繰り返していると「嬉しいかも」と喜んでくれてました。

キスをしながら奈津美の口の中に下を絡ませると奈津美も「んーっ」と言いながら下を絡ませて来ます。

僕はそのまま奈津美の背中に手を回して、ブラを外して服の中に手を入れて生乳を触り始めると「エッチ」と奈津美に言われました。

「胸触るの久々だから」

「単身だから溜まってるよね」

とズボンの上から僕のチンコを触って来ました。

奈津美と僕はお互い服を脱がして裸になったのですが、奈津美が似ているのは顔だけでではなく胸を大きさも優香に似ていました。

「胸大きいよね」

「Fあるよ」

「触ってイイ?」

「うん」

奈津美の胸は年の割には張りがあり揉みごたえがある胸で、揉みながら乳首をコリっとすると

「あん、ヤバい」

奈津美は、僕のチンコを触りながら

「凄く硬くなってるし」

「奈津美のおっぱいがメッチャ気持ちイイから」

「メッチャ溜まってそう」

と言いながら僕のチンコを口に咥えてきた。

奈津美にフェラされている間に、僕は奈津美の胸を触っていたのですが

「おっぱい大好きなトコもやっぱ似てる」

「俺も奈津美のアソコ舐めてもイイ?」

「うん、舐めて欲しい」

僕は、奈津美にクンニをし始めたのですが舐める前から奈津美のアソコは既に濡れてました。

「メッチャ濡れてるじゃん」

「だって、沢山胸触るから気持ち良くて・・・んっ」

僕が奈津美が話してる間にクンニを始めると、目を閉じて感じ始めてしまいました。

「フェラ止まってる」

気持ち良くて動けないよー」と奈津美はクンニで感じてました。

濡れ濡れになっているアソコに指を入れて弄ると

「指、気持ち良くてヤバい」クンニをしながら指でさらに弄っていると

「あん、逝きそう」「逝ってもイイ?」「あーっ!逝っちゃう」

と腰を痙攣させながら奈津美は逝ってしまいました。

「気持ち良かった?」

「気持ち良かった」

「俺も気持ち良くなりたいから、奈津美に入れるね」

「うん、入れてイイよ」

僕は正常位でそのまま奈津美に挿入をしました。

「あん、凄く硬い」とアソコに入った僕のチンコの硬さを感じてくれてました。

激しく腰を動かしながら

「激しいのとゆっくりは、どっちが好きなの?」

「激しいのが好き」

「わかった。じゃあ四つん這いになって。後ろから挿入するよ」

「奥まで入って来るからバックから好き、いっぱい気持ち良くしてぇ」

奈津美の腰を掴んで激しく腰を動かしていると

「あん、これヤバい。また逝きそう」と喘ぎ声を出しながら奈津美は感じてた。

後ろから片手で胸を揉み、もう片方の手でクリを弄りながら激しく突いていると

「ダメ、逝きそう」

「ダメなら止める?」

「止めないで、もっと突いて」「あーダメぇ、イクっイクっ」

と奈津美はまた逝ってしまいました。

「大丈夫?」と声を掛けると「大丈夫だけど、気持ち良すぎてヤバい」と笑ってました。

「単身で久々のエッチじゃ気持ち良くなりたいよね」と言いながら奈津美は僕に跨って騎乗位で
腰を動かし始めました。

「これ気持ちイイでしょ」と僕の乳首を触りながら腰を動かしてくれます。

「ヤバい奈津美、これ逝きそう」とあまりの気持ち良さで声を出すと

「まだ逝っちゃダメだよ」と腰を動かすの止めてニヤニヤしながら僕の乳首を舐め始めました。

「逝きたいの?」と聞かれたので「うん」と頷くと奈津美は激しく腰を動かし始めました。

流石に逝きそうになったので

「奈津美、出るから抜いて」と言うと、「このまま出して」と言いながら腰の動きを止めてくれません。

「出ちゃう」と情けない声を出しながら奈津美の中に射精をしました。

「めっちゃ、ドクドクしてる」と僕が奈津美の中に精子を発射してるのを味わっている様でした。

チンポを抜くと精子が垂れてくるのでティッシュで拭うと

「出ちゃうって言った時の顔、可愛かったぁ」「溜まってた精子いっぱい出たね」

シャワーを浴びてベットに座っていると奈津美が抱き付いて来て、

「凄くエッチ気持ち良かった」

「俺も気持ち良すぎてヤバかった」

「メッチャ精子中に出されたしね」

暫く単身でこっちにいると伝えるとご飯作って持ってくと言われて、その後も何度もエッチをする関係になりました。

家族と離れて寂しい単身生活だと思ってましたが、家族に言えない関係もあった実は楽しい単身生活を送ってました。